中小企業後継者選び

2018.12.7.UP.

中小企業の後継者選びは…。
四柱推命目線で、「運気」と「向き不向き」と「引き継ぐ時期」を考えて下され。


中小企業の経営者はんが、自分の後継者を誰にすべきなんか?!
この事が最近…。
全国でお悩みのタネとか…。

しかし…。
四柱推命目線で選びはると…。
白黒がハッキリしてスッキリしまっせ。

エッ?
「四柱推命目線って?!」ってだっか?

それは…。
「運気」「向き不向き」でシンプルに選別するんだす。

エッ?
「『運気』の基準は?」ってだっか?

それは…。
大運がAランクか否かが基準だす。
だって…。
経営者はんは絶対に「大運がAランク」やおまへんと…。
会社をツブす事になりまっから…。

大運がAランクの後継者を選び抜く事だす!

大運の運気は…。
他にBランク、Cランク、Dランクと続きま。
これらは…。
会社をツブしてまう割合を示す順位だして…。
Dランクが1番高い割合を示してま。
四柱推命は、これが簡単に算出でけ申す。

次に「向き不向き」…。
経営者に向いた人を…。
これも四柱推命で超簡単に算出でけ申す。

ほんで最後に…。
それらを満たしと〜人を…。
いつ後継者にするんか?!
そのスタートの時期が最後の関門になりま。
このスタートの時期を間違いはると…。
例え「大運がAランク」だしても…。
その効果は皆無になり申す。

そ〜ゆ〜事で…。
あんさんが築いて来はった会社を…。
ツブさんために…。
このように四柱推命目線で…。
後継者選びをして下され。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/経営相談
daikando@sd5.so-net.ne.jp



プロの四柱推命『関西占い物語』

inserted by FC2 system