占い師『上林岳承』

2014.4.7.UP.

わてが高校教師をクビになり…。
路頭に迷い…。
占い師になる。(大学を出て10個メの職業が占い師)
それも四柱推命の…。

こんな諷に…。
自分がホンマに困り悩み…。
このままではいかん!
どないしても自分の未来が知りたい!!(自営業をした未来の自分の金運)
という事で…。
四柱推命で鑑定してもらい…。
未来を知り…。
安心し…。
未来の設計ができ…。
今日の自分がおます…、という占い師は…。

自分を救った四柱推命にこだわりま!!!

ほんで…。
四柱推命を愛しま!!!

ほんで…。
四柱推命でお客はんを鑑定するツボを心得ま!!!

しかし、そうではなく…。
占いが流行っと〜から占い師になった御仁は…。
自分の占術にこだわりも愛も本質も持ちまへんさかいに…。
希薄な輩が好む占術のタロットが流行るちゅうと…。
惜しげもなく、そちらに転向する。

わては…。
そんな衒い(テライ)の占い師でも人間でもおまへんのんだす。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
daikando@sd5.so-net.ne.jp


プロの四柱推命『関西占い物語』

inserted by FC2 system