占術は2つに分かれる

2024.5.5.UP.

世の中…。
占いの事を「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ちゅうて言われまっけど…。
この「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ちゅうセリフは…。
「卜術」を指して言われたセリフだす。
だって「卜術」ちゅうんは、「タロット」や「周易」のよ~な「偶然」に出た「卦」に基づいて占う占術でおまっから…。
「根拠」ちゅうのがおまへん。
その証拠に、「2回占の~たら違ゃう答が出る」占術だす。

そ~ゆ~事で…。
この「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ちゅうセリフは占い全般を指して言われた事やおまへんのんだす。

そやから…。
「命術」や「相術」は「当たるも八卦、当たらぬも八卦」ちゅう占術やおまへんのんだす。
だって、「命術」や「相術」から出る答には「根拠」がおます。
ここで言う「根拠」ちゅうのは?!

Aちゅう「事象」で「どの人もこの人も」み~んな…。
「このシグナル」が出とったら「全員」…。
「〇〇」になったちゅう「人間ウォッチング」のデータでおます。

エッ?
「『命術』や『相術』でも当たらんエエ加減なんがおるで~。」ってだっか?

それは間違ご~た「根拠」をインプットしと~占い屋やからだす。
そやからわては大昔から「四柱推命は何処のどなたに教えてもろ~たんか?」で、その占い師の実力がわかるちゅうて言うてまんがな~。

わてが言いと~おます事は…。
「命術」や「相術」のモンがそない言われんように「優秀なる師」を求めて学びなはれや。
ちゅうこっちゃ。

ほんで、占われる側のお人はん方は…。
占いには「根拠」無しで答える占術と「根拠」に基づいて答える占術がおまして…。
それらを混同して占いを定義してもらわんよ~にしてもらいと~おますんや。
そ~ゆ~こっちゃ。

上林岳承

総合開運研究学会
上林岳承

運命鑑定/プロ養成占い教室
gakusyou@gmail.com


プロの四柱推命『関西占い物語』

inserted by FC2 system